やさしい洗い心地!こだわり成分のデリケートゾーン用ソープ

ボディケア
当ブログのリンクには広告が含まれています。

こんにちは!あおなです。

みなさん、デリケートゾーンは何で洗っていますか?皮膚にはそれぞれの箇所で適したケアがあります。

今日は、美容雑誌でも高評価を獲得している、人気のデリケートゾーン用ソープをご紹介します。

デリケートゾーン用ソープは必要?

なぜデリケートゾーン用ソープが必要なのでしょうか?

皮膚はそれぞれの箇所で、薄さや皮脂量、汚れ方が全然違います。実際、ほとんどの方は、頭皮にはシャンプー、 顔には洗顔料、身体はボディソープ、のように身体の部位によって洗浄剤を使い分けていますよね。

デリケートゾーンは、皮膚と粘膜の中間で繊細な部分。 角質層が薄く、摩擦や刺激に弱い部分なので、弱酸性の洗浄剤でやさしく洗うのが理想です。

しかし、一般的な石けんやボディソープは弱アルカリ性。ボディソープでデリケートゾーンを洗ってしまうと、洗浄力が強すぎて乾燥を招くことに…。結果、かゆみやにおいのトラブルを引き起こしてしまいます。

皮膚にはそれぞれの箇所で適した洗い方がありますから、デリケートゾーンにはデリケートゾーン用のケアが必要なのです。

美容雑誌で高評価!オーガニックフェミニンウォッシュ

おすすめのデリケートゾーン用ソープはこちら。

アンティーム フェミニンウォッシュ

アンティームは、植物療法士の森田敦子さんが開発したブランドです。「すべての女性たちに、デリケートゾーンやからだを大切に育んでほしい」という想いが込められているそう。素敵ですね!

アンティームの製品は、成分や品質にこだわりを持って作られていて、やさしい使い心地がお気に入りです。

アンティーム フェミニンウォッシュの特徴

アンティーム フェミニンウォッシュの主な洗浄成分はこの3つ。(配合量の多い順)

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • コカミドプロピルベタイン
  • デシルグルコシド

ラウロイルメチルアラニンNa…アミノ酸系の洗浄成分。洗浄力は弱めですが、弱酸性で低刺激です。

コカミドプロピルベタイン…ラウロイルメチルアラニンNaよりもさらに、刺激と洗浄力がマイルドな洗浄成分。

デシルグルコシド…低刺激な洗浄成分。糖類が主原料なので、オーガニック製品によく使われる。

3つとも低刺激で洗浄力がマイルドな成分なので、デリケートゾーンを洗うのにはぴったり!

さらに、アンティーム フェミニンウォッシュには、トウキ根エキスやドクダミエキスなど15種の和漢植物エキスを配合。選びぬかれた植物エキスが、デリケートゾーンの潤いを保ち、お肌の状態を整えてくれます。

アンティーム フェミニンウォッシュの使用感

3プッシュでふわふわの泡ができます。デリケートゾーンなので、これくらいの量でしっかり洗えます。

匂いは、レモン、ラベンダーを基調とした天然精油の香り。リラックスできる香りで癒やされます。あおなは香り付つきを使ってますが、香りが苦手な方は無香タイプもあります。

ふつうのボディソープで洗うと刺激が強くてしみるのですが、これは全く刺激なし

洗浄力はマイルドですが、ボディソープで洗うよりもすっきり洗える感じがします。洗い上がりの乾燥も感じません。

植物エキスがたくさん入っているので、デリケートゾーンが荒れ気味で敏感になっているときは、少し刺激を感じるかも…?

刺激が心配な方は、無香タイプがおすすめ!精油成分が入っていない分、さらに低刺激です。

アンティーム フェミニンウォッシュのお値段

アンティーム フェミニンウォッシュは、120mL/2,200円(税込)

少量で洗えるので、4、5ヶ月持ちます。コスパ良し!

こんな人におすすめ!

アンティーム フェミニンウォッシュは、こだわり成分で優しい洗い心地のデリケートゾーン用ソープ。こんな人におすすめです。

  • フェムケアを始めたい方
  • 低刺激なデリケートゾーン用ソープをお探しの方
  • オーガニック製品を使いたい方

ボディソープでデリケートゾーンを洗うのはもう卒業!うるおいのあるデリケートゾーンを目指しましょう♡

コメント